ニュース一覧

新たな能力を発掘できる

保育士

資格を使ってレベルアップ

保育士の資格は、試験を受けたり、大学や短大のカリキュラムを修士したりすることで得られるため、大きな強みとなります。転職の際、保育士の資格を持っているのであれば、その強みを生かして、自分が納得できる最適な職場を探すことをお勧めします。現在、働くお母さんたちが増えてきた日本では、待機児童が社会問題となっていることから、保育士の需要が大変高まってきています。求人サイトや求人誌で「保育士」と検索すると、数々の保育園がヒットし、引く手あまたの状態の時もあります。しかし、実際の保育園の現状として、毎年の在園児の人数が異なり、必要な保育士の人数が変動するという大きな経営問題が存在します。一度転職したら、長く職場で働きたいという人にとっては、「園児の人数が減ったので解雇です」という宣告は受け入れがたい現実です。もし、一つの職場で長く働きたいという意思があるのであれば、保育園以外の保育の現場で働くことも一つの方法です。検索サイトには、自分の特技や保有している資格を入力すると、自分に合った職場を自動で検索してくれるサービスがあります。もしかすると、自分が予想していなかった職場が検索される可能性もあり、新たな能力を発揮できるチャンスを掴めるかもしれません。前と同じ業種に転職することも一つの方法ですが、自分の能力を最大限に活かしてスキルアップすることも大切です。転職を一つの好機と考えた時、いろいろな条件で検索できる転職サイトは、新たな自分を発見できるチャンスを与えてくれます。