ニュース一覧

多くの人の役に立つ仕事

バス

仕事の良い点とは

観光バスや路線バス、トラックなどの運転手に関しては、世間一般では、長い時間働いているイメージがあるでしょう。ですが、その地域の環境や会社それぞれのやり方により、勤務時間はまったく異なります。中でも、路線バスの運転手というのは、走行する地域によりダイヤが変わってくるため、必ずしも長い時間働かなければならないわけではありません。地域や会社によっては、ダイヤが割りと一定に保たれていて、勤務時間が延長することはあまりないでしょう。むしろ、前もってシフトを組むことが可能なので、プライベートの予定を入れやすいという良い点があります。そこで、路線バスの運転手の勤務の流れについてですが、まずはバスの整備点検やアルコール検査を行い、その後、決められたダイヤに沿ってバスの運転です。運行業務が終えた後は事務所へ向かい、報告書などを作成してから仕事が終了という、一定の流れになっています。それから、路線バスに関しては、高齢化が進む日本においては、年配者にとって欠かせない交通手段でもあります。とくに、車を使わなければ不便な地方ですと、車の免許を所持しない年配者からすれば、バスを利用できなければ困るというほど貴重な存在です。したがって、路線バスの運転手は、社会のために大変役に立っている、魅力的な仕事でもあるでしょう。また、地域の方から感謝されたり、触れ合ったりする仕事というのは、充実感を感じられる仕事と言えます。路線バスの運転手については、長くに渡り、その仕事を続ける方がたくさんいることからも、充実感を感じられる仕事であることを意味します。